So-net無料ブログ作成

僕だけがいない街がTVアニメ化決定 [中毒性のあるマンガ]

僕だけがいない街のTVアニメ化が決定しました!

単行本の発売日が待ちきれないファンや
ヤングエースを毎月楽しみにしている人には
にはいわずもがなですがマジ面白いです。

その証拠になるかどうかは分かりませんが

2014年マンガ大賞 2位
2015年マンガ大賞 4位

更にフジテレビが2016年1月から
木曜深夜のイノタミナ枠で放送決定

アマゾンレビューでも4.5の高評価。

プロからも企業からもファンからも
評価の高いマンガであることは事実です。


さて、
私は個人的にあまりマンガを読まないのですが
いくつか定期的に読んでいるマンガがあります。

コアなアニメファンからは
「浅いよね」と言われそうですが
たまにネットカフェに行く程度です。

DVDを借りる際に評判ではなくパッケージの
写真からのイメージと裏のあらすじで
借りるように、マンガでも同じです。

当初、「僕だけがいない街」は1巻の
表紙が女の子だったのであまり期待して
いなかったのですが、

一旦読み始める止まらない!

ストーリの展開にのめり込み、食い入るように
5巻までいっきに読んでしまいました。

そのくらい中毒になってしまうマンガです。

本当にオススメの作品の一つです。

他にもオススメなのは

思わず涙してしまった「かくかくしかじか」。

2015年のマンガ大賞で1位の作品です。

そのうちドラマ化か映画化されるんじゃないかな
?と個人的に思う作品です。

2010年の「テルマエ・ロマエ」なんか有名ですよね。

最近では2013年の「海街diary」や2012年の「銀の匙」、
2009年の「ちはやぶる」が映画化、ドラマ化されています。

内容は、作者の東村アキコさんの実話をベースに
した、絵画教室の厳しいが優しく面倒臭い恩師と
マンガ家を目指す弟子との話です。

どこにでもありそうな、そしてあなたにもきっと
いたであろう記憶に残っている恩師との思い出が
この作品を読むとドット溢れてくるのではないか。

大人だから楽しめる、そういう作品です。

既に5巻で簡潔しているので家でのんびり派の人は
レンタルで、気分転換がてら派はネットカフェや
マンガ喫茶で読んでみてください。

その他にも「聲の形」も考えさせらた漫画で
特に中高生に読んでもらいたいですね。

イジメと人間関係修復の物語です。

この作品も完結しているのでスッキリと
最後まで一気に読めますよ。

では。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。